何かのイベントや記念日というのは、特別なことを何かしなければいけないというわけでなく、そうした決められた日が設定してあるから、大事にしなければいけないことを思い出すことができたり、考えるきっかけを作ることができるのだと考えるのも良いでしょう。記念日やイベントがあるから何かしなければいけないと考えると、お金もかけなければいけない、と気持ち的に負担になってしまうこともありますが、思い出して感謝する気持ちを忘れないようにするためのもの、と考えれば敬老の日なども負担にならないでしょう。特に地元を離れて遠い場所で生活している人であれば、忙しい毎日の中で祖父母のことを思い出すことも少ないですが、敬老の日が設定されていれば思い出すことにもなります。そして、子供は敬老の日になると祖父母のことを思い出すものですが、祖父母は親同様にいつも孫のことを気にかけていますし、連絡をくれればうれしく思うものです。

敬老の日だから、ということで連絡をすれば、特別何か用がなくても離すきっかけにもなるでしょう。感謝の気持ちを忘れないということが大切です。子供の頃に多くかかわってこなかった祖父母だったとしても、祖父母がいたから今の自分がある、ということも言えるのです。もし会いに行ける時間があるのであれば会いに行くというのが一番良いですが、そうでない時も感謝の気持ちを伝える電話1本をかけてみると良いでしょう。

自分も祖父母も温かい気持ちになれます。敬老の日のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です